労働生産性の向上

先端技術の導入による成園管理労働時間:25%減
176時間/10a(現状:235時間/10a)

基盤整備圃場における根域制御栽培の導入による労働生産性の向上、労働安全の向上、労働負荷の低減。高品質果実に対する
供給不足の解消

苗木・幼木管理労働時間 : 50%減
青果出荷比率 : 60%(現状49.2%)
輸出用果実出荷割合の向上。